1. 脱毛の自己処理について
  2. 6 view

ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

ムダ毛の処理は、脱毛サロンにおまかせするのが一番です。

仕上がりがキレイなのはもちろん、長期的に見れば、自己処理よりずっとコスパがいいからです。

それでも、自己処理を選ばれる場合は、自分に合った方法で行うようにして下さい。

s 85d32f25b5cc3ca8187d676ad70a0ac8 s - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

ここでは、自己処理方法の定番!

  • 毛抜き
  • カミソリ
  • 脱毛クリーム
  • 電気シェーバー
  • 家庭用脱毛器

のそれぞれのメリット・デメリットと、おすすめの方法についてご紹介したいと思います。

どうぞ、最後まで読んで下さいね。

s 251768 300x280 - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

ムダ毛の自己処理方法その1:毛抜き

毛抜きで脱毛する人は、結構います。

私の周りでも、毛抜き派とカミソリ派で二分していました。

毛抜き派の人は「カミソリ負けするから」とか、「カミソリよりも処理の頻度が少ないのがいい」というのが理由のようです。

毛抜きのメリット

毛抜きで脱毛すると、根本から抜くので暫く生えてきません。

再び生えてきても、細い毛なのでチクチクしにくいです。

ピンセット一本でできるということもあって、コスト面では一番安価な自己処理方法と言えるでしょう。

s 71c7d8b4a00a61ce081eb84949fd1c65 s - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

毛抜のデメリット

まず、「抜く時に痛みがある」「処理に時間がかかる」といったデメリットがあります。

何より困るのが、毛を引き抜くことで毛穴が炎症を起こしたり、色素沈着で毛穴が黒ずんで見えてしまうことです。

一度汚くなってしまった毛穴は、なかなか元には戻りません。

どうしても毛抜きを使う場合は、毛の生えている方向に沿って抜くようにして下さい。

抜く前に蒸しタオルを当てたり、抜いた後には冷たいタオルで冷やすなどの処置も、ダメージを緩和することができますよ。

s 1123428 225x300 - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

ムダ毛の自己処理方法その2:カミソリ

私も、初めての脇の脱毛にはカミソリを使いました。(中学生の頃です!)

ただ、後がヒリヒリして・・・痛いんですよね。

繰り返すうちに慣れてしまいましたが、肌への影響は気になりました。

カミソリのメリット

カミソリによる脱毛は、入浴のついでにできるので「気軽で時間がかからない」というが一番のメリットでしょう。

また、ドラックストアなどで安く手に入るため、お手軽なのも魅力的です。

最近では、肌に負担がかからないように工夫されている商品も、数多くあります。

s 060902fef5103fa6f106220f71958624 s - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

カミソリのデメリット

肌を痛めやすい、カミソリでの自己処理。

ムダ毛と一緒に肌表面を削ってしまうので、肌荒れや炎症を起こしやすくなります。(カミソリ負け)

他にも、毛穴が広がる、ムダ毛が伸びやすくなる、肌表面がザラザラした感じになるなど、肌の美しさを損なう原因にもなります。

カミソリをを使う時のポイントは、シェービングクリームを使う、毛の流れに沿って剃る、保湿をしっかりとするの3点です。

3枚刃以上のカミソリを選ぶのもいいですね。

s 689057 e1534405389996 - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

ムダ毛の自己処理方法その3:脱毛クリーム

脱毛クリームは、肌に塗ってムダ毛を溶かすという脱毛方法です。

根本から脱毛しているように見えますが、実際には部分的に溶かしているだけです。

配合しているアルカリ性成分の働きで、「ケラチン」というタンパク質からできている体毛を溶かしているんですよ。

脱毛クリームのメリット

ドラックストアなどで、手軽に購入することができます。

短時間で広範囲のムダ毛を処理することができ、仕上がりもキレイで、再び生えてきてもチクチクしません。

背中のムダ毛が処理しやすいというメリットもあります。

s fa656d32caa55c978535c47ff76af502 s - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

脱毛クリームのデメリット

肌へのダメージが大きく、顔やI・Oラインに使用することはできません。

人によって、脱毛効果に差があります。

カミソリほどではありませんが、頻繁に処理する必要があるでしょう。

その分、長く使えば使うほど、費用がかかります。

脱毛クリームを使う場合は、自分に合ったものを選び、薄く塗るように心がけて下さい。

s 1134068 300x225 - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

ムダ毛の自己処理方法その4:電気シェーバー

「ムダ毛を剃るなら、カミソリよりも電気シェーバー!」という話を、聞いたことはありませんか?

確かに、電気シェーバーなら、肌に直接刃が当たることはありません。

何か塗らなくても、安全に処理できるという手軽さもいいですね。

電気シェーバーのメリット

電気シェーバーは、カミソリよりも肌を傷付ける心配がなく、VIOラインにも使用することができます。

最近では、小型の電池式シェーバーが増えているため、バッグでの持ち運びが簡単にできます。

メイクの上から処理できるのも、人気が高い理由です。

s b8e90701ec353e98e4bca40800fae3b9 s - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

電気シェーバーのデメリット

肌にやさしい分、深剃りができないので、「残った毛が気になる」「仕上がりがイマイチ」という意見がありました。

毛が目立つようになるまでの期間も早く、処理の頻度はどうしても高くなります。

いくら肌にやさしいとは言え、2~3日の間隔は必ず空けるようにして下さい。

電気シェーバー自体のお手入れは、機種によって異なります。

メンテナンスを怠ってしまうと、シェーバーの寿命が短くなるだけでなく、肌トラブルの原因にもなりかねないので、気を付けて下さい。

300x225 - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

ムダ毛の自己処理方法その5:家庭用脱毛器

自宅で本格的な脱毛がしたいなら、家庭用脱毛器を利用するといいでしょう。

半年~1年くらいの使用で、少しずつ毛が薄くなるので、こまめな自己処理が不要になりますよ。

ただし、事故防止のためにも、取り扱い説明書をよく読んでから使用するようにして下さい。

家庭用脱毛器のメリット

カミソリや脱毛クリームより、金額はちょっとお高めですが、脱毛サロンに比べれば安いですね。

思い立った時に自宅で気軽に脱毛することができ、恥ずかしい場所でもひと目を気にする必要がありません。

最近では、美顔機能が搭載されている商品もあるので、一石二鳥の使い方もできますよ。

超人気の家庭用脱毛器 ↓

?me id=1202137&item id=10012094&m=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400 mall%2Fmrock%2Fcabinet%2Five%2Fke non%2Fkenon2%2Fsamu1.jpg%3F ex%3D80x80&pc=https%3A%2F%2Fthumbnail.image.rakuten.co.jp%2F%400 mall%2Fmrock%2Fcabinet%2Five%2Fke non%2Fkenon2%2Fsamu1 - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

家庭用脱毛器のデメリット

本格的な脱毛とは言え、やはり家庭用です。

脱毛サロンと同じ効果を、期待することはできません。

仕上がりに不満が出ることもあるでしょうし、自分では見えない背中などは疎かになりがちです。

また、機器の使い方を間違えてしまうと、ヤケドなどのトラブルを起こしかねません。

効果が実感できるまでに、時間がかかるというデメリットもあります。

s 404402 218x300 - ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

いかがでしょうか?

どの自己処理方法が、自分に一番合っていると感じましたか?

最後になりまたが、この中で一番おすすめなのは「電気シェーバー」です。

なぜなら、脱毛サロンの現役スタッフがそう言っているからです。(笑)

肌への負担を考えると、どうしてもそうなってしまいますよね。

脱毛の自己処理についての最近記事

  1. 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

  2. 脱毛中の自己処理はどうするの?毛抜きやカミソリはNGってホント?

  3. ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP