1. 脱毛の自己処理について
  2. 6 view

家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

脱毛サロンに通いたい・・・と思っていても、あえて家庭用脱毛器を選ぶ人がいます。

理由は「お金がない!」とか「時間がない!」とか。

他には「剛毛やVIOラインを見られるのが恥ずかしい!」というのもありますね。

家庭用脱毛器なら、これらの悩みを解決することができます。

でも、どんな商品を選んだらいいのでしょうか?

ここでは、家庭用脱毛器の種類と選び方について、ご紹介したいと思います。

s fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f s - 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

家庭用脱毛器の種類は大きく分けてこの3つ!

家庭用脱毛器の種類はいくつかありますが、ここでは代表的なものを3種類ご紹介しておきます。

家庭用脱毛器その1:レーザー式

ムダ毛のメラニン色素にレーザーを照射して、毛根にダメージを与えて脱毛する方法です。

クリニックでも、このレーザー脱毛が行われています。

家庭用脱毛器の場合、レーザーの照射面積が狭いため、照射回数が多く時間がかかってしまいますが、それでも高い脱毛効果を実感することができます。

s ac3fff54f19dcbe51d200fcc61fcdb16 s - 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

ただし、医療用の脱毛器より出力を下げてあるので、安全に使用することができる分、クリニックほどの効果は望めません。

他の脱毛器より、痛みを感じるというデメリットもあります。

剛毛で悩んでいる人には、このレーザー式がおすすめです。

レーザー式の家庭用脱毛器で代表的な商品は、「トリア」でしょう。

bgt?aid=180823527088&wid=018&eno=01&mid=s00000018146001007000&mc=1 - 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

0 - 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

家庭用脱毛器その2:光(フラッシュ)式

ムダ毛のメラニン色素に光(フラッシュ)を照射して、毛根にダメージを与えて脱毛する方法です。

脱毛サロンで行われているのも、この光(フラッシュ)脱毛が殆どですね。

レーザーと違って照射面積が広いので、照射回数少なく早く処理することができます。

もちろん、痛みも少ないですよ。

s ebb75194fe40b933ce3ca56043754116 s - 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

脱毛効果を実感するのは、レーザーよりも遅いですが、ムダ毛は確実に生えにくくなります。

ただし、男性のヒゲのような太い毛は、ある程度の時間と回数が必要でしょう。

光(フラッシュ)式の家庭用脱毛器で代表的な商品は、「ケノン」ですね。

女性ユーザー300×250z317830W - 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

家庭用脱毛器その3:サーミコン式

熱線によって発生させた熱エネルギーで、ムダ毛を焼いて切る方法です。

脱毛というより、除毛といった方が正しいかもしれません。

シェーバーと同じで、早く処理することができます。

痛みはありませんが、熱さを感じることはあるでしょう。

s e8e4efdd32b21993ea22c2ffb8cf1f17 s 1 - 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

カミソリ負けをする人にはおすすめですが、毛がなくなる(生えにくくなる)というようなことはありません。

脱毛効果の高い家庭用脱毛器をお探しなら、レーザー式か光(フラッシュ)式の方がいいですよ。

サーミコン式の家庭用脱毛器で代表的な商品は、「ノーノーヘア」です。

bgt?aid=180823527146&wid=018&eno=01&mid=s00000007964009010000&mc=1 - 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

0 - 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?
この3種類以外では、バルジ式脱毛器や超音波脱毛器といった家庭用脱毛器もあります。

家庭用脱毛器の選び方と脱毛サロンとの仕上がりの違いについて

家庭用脱毛器を選ぶ場合、高い脱毛効果を期待するなら、レーザー式か光(フラッシュ)式のどちらかになるでしょう。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上で、自分に合った方を選んで下さい。

s 7d2925d6de5a3e258970589a37997f42 s - 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

個人的には、光(フラッシュ)式のケノンがおすすめです。

本体価格は、トリアよりもケノンの方がお高めですが、消耗品(カートリッジなど)の値段を考えると、ケノンの方が圧倒的にお得です。

また、脱毛にはできるだけ時間をかけたくないですから、男性のヒゲ脱毛や剛毛の処理でない限り、わざわざレーザー式を選ぶ必要はないと思います。

敏感肌の人にも、光(フラッシュ)式の方がいいでしょう。

s 758743e14b52747d64617ee1ceb3e55b s - 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

今や、自宅に居ながら、満足のいく脱毛が可能になりました。

とはいえ、仕上がりが脱毛サロンと変わらないかというと、そんなことはありません。

やはり、家庭用と業務用の脱毛器では、全く違うからです。

長い目で見れば、「家庭用脱毛器を購入するより、脱毛サロンに行った方がよかった!」ということが、きっと分かります。

永遠にムダ毛の自己処理を続けるより、プロの手による本格的な脱毛を考えてみませんか?

脱毛の自己処理についての最近記事

  1. 家庭用脱毛器の種類と選び方!仕上がりは脱毛サロンと変わらない?

  2. 脱毛中の自己処理はどうするの?毛抜きやカミソリはNGってホント?

  3. ムダ毛の自己処理でおすすめの方法は?自分に合ったものを見つけたい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP